お知らせ

2018-12-15 17:13:00

◎イキイキ王国は自然災害や水難事故から命を守るための防災グッズの開発に努力しております。

 

◆2018年11月、水に浮く水陸両用タイプの連結型.万能マット【お助け次郎】(新登場)◆

 

★地震.火山噴火.避難時、津波.水害.水難.水の事故に ★自然災害からの避難場所で ★レジャー.行楽.イベント.運動に!多目的に活用できる大変便利なお助けマットです。

 

◇自然災害.多発の島国ニッポンで大小の地震が全国各地で毎日発生しています、また温暖化による異常気象で最近は毎年のように大型台風.豪雨による水害が起こっていて多くの人命が失われています、そして国を崩壊させるとも言われ切迫性が高く今日明日にも発生しても変ではない連動タイプの海溝型.巨大地震!この大津波により数十万人が絶命すると言われ最悪は数百万人かもしれません!!!こんな危険な国に住んでいる私達ですが国民の多くが平和で幸福で安全で優雅な生活に酔いしれていて食べ物やブランド品や遊び.娯楽に惜しみなくお金を多用しています、でも命を守るための防災用品には無関心でテレビ.マスコミでもバラエティー番組やお笑い番組が主流で自然災害の番組はごくまれです!でも大地震.巨大台風.豪雨.大噴火.大津波が発生すると大騒ぎして国民は我先とばかり防災品や水.食料を買いあさります、何事も無く自分が安全に時過ぎれば元の優雅生活に戻ります!!『大災害は忘れた頃に自分.家族の元に突然に襲って来る』この国に住む以上は安全な場所など無いのです、警戒心が有る人と無い人では絶体絶命の場で生死が分かれます!例えば津波.水害.水難事故で水の中に投げ出された場合に水に浮く物が手元に有る人と何も無い人では助かる可能性は一目瞭然です、魚と違い人間は水の中では本当に弱い生物で溺れて水を飲み込み.もがき苦しんで簡単に溺死して楽しかった人生は終わります!こんな人が今まで数え切れないほどいました、『確実な防災対策は生死の場で命を守る』今一度.我が身.家族の安全と幸福のために自然災害の猛威の恐怖を考え直して見ませんか。

 

ie2.jpg himo3.jpg 

☆持ち運びが簡単で一人.マット2枚~4枚を手で持てます、バックル紐が付いているので肩に吊るして両手が使えます。

ie8.jpg ie6.jpg

☆椅子や腰かけの代用として使えます。

himo23.jpg himo11.jpg

☆地震.火山噴火での落下物から頭.顔.首.上半身を守ります、マットは厚くて幅広いのでヘルメットと安全効果が違います、また防水性が有るので雨避けにもなります。

mat21.jpg mat44.jpg

☆マット一枚だけでも浮力効果が高いので水の中において自力で.救助に向かったり.救出されたりの助かる可能性が高くなります。

 

【近い将来に必ず発生する海溝型巨大地震から絶対に助かろう】

 

 ■2019年は要注意でスーパーブラッドムーンとエルニーニョ現象の関係で過去の例からも世界各地で大地震が多発すると言われます!現に世界各地で大地震が発生していて地震列島の日本でも危険度が高く用心が必要です。

 

■地震多発の日本で大地震は場所.季節.月日.朝昼夜に関係なく突然に発生して国民を襲います!特に海で発生する海溝型の南海トラフ巨大地震は連動タイプでなんと発生確率が30年以内で70~80%と言われます!この他にも3000以上の活断層からなる揺れの強烈な直下型大地震も警戒を要し大都会を襲う首都直下大地震も発生確率が本当に高いです!自然の猛威は豊かで平和で幸福な国だからと言って絶対に待ってはくれません、まして人間の仕業で地球を狂わせ温暖化での異常気象にさせた罪は自然界の神を怒らせ世界中を恐怖に落し入れる今までに例の無い超巨大災害だって考えられます、このため最近は大地震.山火事など世界中で大異変が発生していてこの国でも巨大台風.豪雨での水害.氾濫.浸水が毎年のように起きています、この自然大災害はこれからも多発するでしょう、津波.噴火.水害から命を守る対策は増々.重要視されることでしょう。

 

【水に浮く防災用品(救命マット)ご説明】

 

☆1枚の長さが1メートル.幅50cm.厚み7cmで半分に折りたためて取っ手部が4ヶ所付いています、軽いので子供.高齢者でも持ち運び可能で一人がマット4枚を持てます。

ie1.jpg

☆バックル付バンドが付いているので2枚までを肩に吊るすことが可能で両手を使えます。

himo6.jpg

☆地震.火山避難時では素早く手に持ち頭上にかざし落下物.転倒物から頭.顔.首.上半身を守ります!マットは厚いので頭だけのヘルメットとは安全効果がまったく違います、また防水性が有るので雨避けにも使えます。

himo22.jpg himo10.jpg

☆マット同士を連結して(写真4枚連結)幅広く敷物やベッドの代用になります!マットは厚くクッション性があるので硬くて冷たい床.地面でも痛くなく温もりを感じるので苦になりません、震災.災害時での負傷者や寝たきりの人を運ぶ担架やベッドとしても使えます、また災害時や火災での高い場所から飛び降りでは下でマットを連結して広く厚くすればクッションになり助かる可能性が生じます。

mat8.jpg

 

mat9.jpg

☆テーブルにもなり飲料水.食べ物も置けます。

isu1.jpg isu3.jpg

☆自宅.広場で乗ったり降りたり跨いだり飛んだりの運動ができます。

himo15.jpg himo19.jpg

☆1枚を半分に折れば14cmの高さになるので重ねたりしてスピーチや物取りとして使えます。

himo20.jpg himo21.jpg

☆横に並べたり積み重ねれば広い場所を取りません。

ie10.jpg ie9.jpg

 

※2018年9月に海上浮力テストを行いました。

 

mat33.jpg rop7.jpg rop5.jpg

☆↑マット1枚を水に浮かせロープも装着しました!マット2枚を連結して取っ手部にロープを付けました。

mat23.jpg mat22.jpg

☆↑マット1枚を縦にしてうつ伏せになり全身を乗せました、仰向けになり足で掻けばスピードが出ます。

 

mat11.jpg mat14.jpg

☆↑マット2枚を連結すれば三人が乗っても沈みませんね!マット上にも乗れて上半身が濡れなく寒い季節の低体温を防ぎます。

mat7.jpg

☆↑マット4枚を連結してマットの上に座りました。

mat36.jpg

☆↑マット4枚を連結して仰向けになり横になりました。 

mat40.jpg

☆↑マット4枚を連結して店長考案の水に浮くバッグを背負いました、バッグの中から飲料水.電灯.笛.食べ物.スマホも取り出せ救出される確率が高くなります、またバッグは浮くのでマットから離れても大丈夫です。

mat38.jpg

☆津波.水害.水難事故ではマットを連結して足で掻いて溺れている人の救出に向かえ助ける人も双方が助かる確率が高いです、また家族をマット上に乗せて安全な場所まで頑張れます。

 

※マット4枚の連結では全身がマット上に乗れて体を濡らさず低体温を防ぎます、また顔が確実に水面上に出るので荒波でも呼吸が楽になり溺死する可能性が低くなります!マットを数多く10枚.50枚と連結したらどうでしょう、浮く島や船のようになり多くの人が救助を待てます。

 

◎以上ご参考までに当商品を紹介させていただきました。

 【水に浮く連結型の万能マット】発明者、山田孝太郎(特許出願中) 

1